読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日のワタシ

鬱を克服し、「そんなこともあったね」と思い返す為に記録しています。こんな人もいるんだな、と思ってもらえたら幸い。

感性と感受性の赴くままに、 日々見たり聞いたり考えたりした事を、 絵やモノや文章にして記していきます。 あなたの心に少しでも、 届くものがありますように。

無職、電話で応募する

在職中、苦手だった電話応対。練習しても、いざ本番となると上手く喋れないから嫌いだった。内線はまだいいけど、社外は電話の第一印象が大事なだけあって避けていた。

しかし今回は求人に応募するのだから避けられない。前日からフォーマットを用意し、発声練習して挑んだ。「お忙しいところ...」たどたどしいながら、何とか伝え切ったので書類受理の返事を待つ。これもこれで結構不安になる。

 

今頃、書類見られてるのかしら。不備はなかっただろうか。

心配してもね、送ったものはどうしようもないんだけどね。