読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日のワタシ

鬱を克服し、「そんなこともあったね」と思い返す為に記録しています。こんな人もいるんだな、と思ってもらえたら幸い。

感性と感受性の赴くままに、 日々見たり聞いたり考えたりした事を、 絵やモノや文章にして記していきます。 あなたの心に少しでも、 届くものがありますように。

努力

定期検診に行く度に、私はいつ治るのかとぼんやり考える。そして治った後の世界がどれだけ素晴らしいかを想像する。自分がもっと活動的になり、人との関わりも億劫でなくなり、より何かに打ち込める…と夢は膨らむ。
同時に、患いは自分にとって都合の良い言い訳なのではないかと思い当たり、結局自己嫌悪に至る。
ある時、著名人が言っていた。「努力が足りないだけです」
ある時、父が言っていた。「お前には努力が足りない」
ある時、先生が言っていた。「努力が不十分」
生きる事さえ辛い私にこれ以上努力をしろというのか、と反論しかけた頃が懐かしい。
違う、多分、本当に努力が足りないんだ。現状を脱却するだけの気力が無いんだ。あるいは覚悟が無いんだ。
どう転ぶか分からない中で人生を変える覚悟をするより、このまま陰鬱とした生活を送った方がマシだと思っているのかもしれない。
だから今日も、憂鬱になる。
覚悟は今日も、決まらない。