読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日のワタシ

鬱を克服し、「そんなこともあったね」と思い返す為に記録しています。こんな人もいるんだな、と思ってもらえたら幸い。

感性と感受性の赴くままに、 日々見たり聞いたり考えたりした事を、 絵やモノや文章にして記していきます。 あなたの心に少しでも、 届くものがありますように。

バンジョーとカズーイは再び大冒険をしたんだって

小学生の頃。私は学校から帰るなり、

N64を立ち上げて夜遅くまでゲーム、ゲーム、ゲーム…をしていた。

親に叱られてもゲーム。ちょっと小突かれてもゲーム。

テレビ画面に「休憩をとりましょう」と表記されてもゲーム。

まさにゲームの世界に生きる住民だった。

どのゲームにおいても完全にコンプリートするまでは諦めなかった辺り、

今にも通じる完璧主義的なこだわりを感じる。残念ながら。

そんな中で私が唯一、手に入れたのにプレイしなかったゲームがある。

正確には、プレイ途中でやめたゲームがある。

それが”バンジョーとカズーイの大冒険2”だ。

バンジョーとカズーイの大冒険2

 

ストーリーはいたって普通。キーアイテムを手に入れて、ステージを進め、

最終的にボスと戦う、アクション系RPG

ステージもユニークで楽しく、なにも申し分のない内容だ。

それなのに途中で放棄したのは、

このゲームで遊んだ事のある人は知っているであろう、"彼"が原因だった。


Banjo Tooie Cutscene 2- King Jingaling Gets Zapped ...

このゲームで回避できない存在、キングジンガリンの"ゾンビの姿"だ。

カットシーン自体はそこまででもないが、これが実際に会いに行くと相当怖い。

まず見た目が怖い。しかもプレイヤーを見つけるなり、迫ってくる。

BGMはおどろおどろしくなり、彼のセリフ効果音も変わってしまっている。

セリフ内容はゲームを進める上で良いヒントにはなるのだが…。

 

"彼"を見てしまって以来、私はこのゲームには一切触れなくなった。

パッケージを見るだけで思いだしてしまいそうだった。

そんな理由で"バンジョーとカズーイの大冒険2"は、

家族ですらも見ないような押し入れの奥に、袋を2重にかけて封印されたのだった。

長年、ずっと。

 

そして今、それを発見した私が、ゲームを楽しんでいる。

 

今週のお題「ゲーム大好き」