読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日のワタシ

鬱を克服し、「そんなこともあったね」と思い返す為に記録しています。こんな人もいるんだな、と思ってもらえたら幸い。

感性と感受性の赴くままに、 日々見たり聞いたり考えたりした事を、 絵やモノや文章にして記していきます。 あなたの心に少しでも、 届くものがありますように。

無職、祈られる

面接試験を終えて1週間以上が経ち、今日お祈りメールが届いた。受かる見込みは当初から無かったものの、やっぱり落ち込む。適性試験、書類、頑張ったんだけど駄目だったか。 結果をアレコレ言っても変わらないので就職活動を再開する。活動したくないとか言…

無職、電話で応募する

在職中、苦手だった電話応対。練習しても、いざ本番となると上手く喋れないから嫌いだった。内線はまだいいけど、社外は電話の第一印象が大事なだけあって避けていた。 しかし今回は求人に応募するのだから避けられない。前日からフォーマットを用意し、発声…

無職、体調不良に悩む

筋肉のこわばり、頭痛、腹痛、思考力の低下。仕事をしていた頃から変わらず毎日続いていて困っている。整骨院に行っても治らず、病院で検査しても何の異常もなかったので原因不明だ。 心当たりといえば、服薬ぐらいだ。デパス錠0.5mgとクエチアピン25mgを毎…

無職、企業の説明会に行く その1

ある企業の説明会に参加した。 一度社会経験をしたおかげで、実感を持って聞けたのは良かった。特に顧客との関係について。学生の頃「面倒なら縁切ればいいのでは?」と思っていたのが懐かしい。 信頼を得た先にあるもの。当時は、その先に売上があったり、…

無職、であること

朝早く起きなくていい。会社に行かなくていい。スーツを着なくていい。スケジュールも勝手気ままでいい。 何にも縛られないのは理想の生活のはずだが、どこか寂しい。 仕事をすると報酬が貰える。仕事をして貰うと報酬を渡す。仕事を通じて他者と繋がり、社…

無職、セミナーへ行く

出だしからエネルギーを使いすぎたのか、疲れて数日間ふさぎ込んだ。仕事しなきゃ、仕事見つけなきゃ、と焦るのは結果的に悪循環だと分かった。 気持ちを改めて、まずは自分が何たるかを知る事から始めようと思い、ハローワークの自己分析セミナーへ。 過去…

無職、転職エージェントを利用する

家にいて求人を探しても不安が募るばかりなので、転職エージェントの面談を受ける事にした。 会社に訪問して履歴書等々提出すると、希望の求人を探してくれて、しかもブラックなところを回避できるという。実際に面談へ行ってみると担当の人が丁寧に迎えてく…

無職、母校を訪問する

母校の大学を訪問すると、やる気に満ち溢れた4年生がスーツで歩いていた。 こうして頑張ってる人は自分みたいに辞めないんだろうなと思いながら、就職課へ行く。昔、「大学にある求人票はそこの卒業生が欲しい」と聞いたからだ。少しは優位になるかもしれな…

無職、運動する

無職になったので、ジムに通い始めてみた。運動不足が祟って身体中バキバキ音が鳴ってるので、これを機に治すのが狙いだ。サーキットトレーニングをいうもので、30分間音楽に合わせて様々なマシンを使うというお手軽な運動。実際に体験に行ってみると、元気…

しごと

今日、仕事を辞めた。 新卒入社から半年しか経っていないが辞めた。 「根性がない」と上司は言う。 この短い期間で仕事全部が分かるわけないし、そもそも仕事は大変なものだから苦しくて当たり前だと。 でも「苦しいのが当たり前」って本当に良いのだろうか…

新人はつらい

何でもいいから就職しようと思って、ただ需要が高いという理由で今の仕事を選んだ。それを後悔している。 PC画面を開けば研修ですっかり嫌いになった英数字と記号が並ぶ。この画面は見るだけで吐き気がする。 さらに、定例の書類評価が追い打ちをかける。同…

悩みのループ

昔の投稿を見て気づく事が多い。 およそ自分の内面の話だし、似たような悩みがループしてる。 つらいことを何度も繰り返していれば、それは気が滅入るのも仕方ない。 きっと似たような考えの誰かも同じつらいループにいるだろうから、ちょっとリラックス出来…

新年早々胃腸炎になり、貧血になって、現状に至る。まあツラいものだった。寒気と胃痛と酸欠に毎日悩まされ、心細くなりながらストレスを溜める日々は二度と経験したくない。もう絶対に嫌だ。体重を気にして食べ物を制限しすぎ、飲み物だけは良いかなとお茶…

逃げる

全てを捨てて逃げたい、と思う。同時に、逃げたらこの仕事は誰がやるんだろう、生活はどうなるんだろう、と考える。仕事に関しては「何が何でも自分がやらなければならない」と今までは考えていたが、それは単なる過大評価だったらしい。どなたかの言葉を借…

独りでいたい

悔いばかりの人生だけど疲れたからもういい辞めたい、というどうせ毎年恒例の病み模様です。雨にうたれて帰る羽目になって、決して強くないメンタルに追い打ちがかかります。あまりに気持ちが荒んだのか、珍しく独りで誰とも接触せず閉じこもりたいと思いま…

情を抑えて数字を見つめられるように

お節介癖が出てしまう。弱ってるひとを見ると助けたくなってしまう。強く志ある人や幸せそうな人にはそんな感情は抱かない。むしろ助けて欲しいと思うくらいだ。誰かに頼りにされると断ることが出来ないのは多分このせい。ちょっと無理をしてでも叶えてあげ…

いちにち

強い衝動に駆られ、あらゆる食べ物を胃へ突っ込み吐き出す、真夜中の大惨事が止まらない。そうして迎えた朝は心身ともに疲れ果てて、外の空気を吸う気力も無い。空虚な心は何をしても埋まらない。途方に暮れながら夕方まで、冴えない頭のまま過ごす。ふと焦…

普通のことを普通にこなす

約束の時間通りに行くこと、人に会ったら挨拶すること、頼まれたことはちゃんとこなすこと、何かしてもらったらお礼を言うこと、悪いことをしたら謝ること。そんな当たり前のようなことを当たり前にやるのは難しい。それでも必要だと思うから、できるように…

ハートが無ければ

どんなに良い企画を立てても、どんなに良い技術を集めても、どんなに資金があったとしても、本質の「成し遂げたい!」という思いが無ければ、人はついてこない。真剣な気持ち、熱意こそ、人を惹きつける最大の武器だ。その思いがしっかり伝わるように準備し…

性格

複雑で面倒な人だ、と言われたことがある。自分でもそう思う。でも、何故複雑で面倒だと思われたのか、自分でも納得しているのか、考えたことがなかった。複雑とは、物事の事情や性格が込み入ってることを指すらしい。嬉しいことを嬉しいとは言わず、疑って…

それぐらい許してやりなよ

自分は思った以上に“心が狭い”。最近、そう実感する出来事があった。人によって価値観には違いがある。自分の価値観が自分にとっての正しさを作るなら、相手もまた然り。冷静に考えれば分かることだけれど、自分の正しさを訴える時は割と忘れている。理解は…

君にいつか伝えたかったこと

私は誇りを持って君の前に立っていた。 背中に追い付きたいと書いてくれた君の手紙、目を輝かせ感嘆してくれた君の表情、 今となっては懐かしい君との会話、報われずとも一生懸命頑張っている君の姿、 全部が私を奮い立たせてくれていた。 君が、私の存在に…

天才

自分の生きる意味を問うてきた。そういうことを言うと「そんな事気にしてるの?」と返される。「複雑なことを考えるだけ時間の無駄だよ」と付け足されることもある。何故自分の存在を疑わずに生きられるのかと不思議だったが、それはどうやら生きる才能が関…

努力

定期検診に行く度に、私はいつ治るのかとぼんやり考える。そして治った後の世界がどれだけ素晴らしいかを想像する。自分がもっと活動的になり、人との関わりも億劫でなくなり、より何かに打ち込める…と夢は膨らむ。同時に、患いは自分にとって都合の良い言い…

やる気

何もやる気が起きない時は、何もやらずに過ごして、それが飽きるのを待つようにしている。他の得策があれば良いけれど、今は考えるのも億劫だ。

本日は晴れ、だが、

どうしてこんなに晴れた夏の暑い日に、真っ黒な悲しい行列が出来なければならないのか。眩しいほどの明るさが、かえって現実を鮮明に見せているようだ。慣れることのない、あの言葉も言わなければならない。晴天には不釣り合いの、冷たいご挨拶を。

アウトプット

絵を描いていたり、物を塗っていたり、文章を描いていたりすると、突然頭に何も浮かばなくなってバッテリー切れのように寝てしまうことがよくある。そして充分寝た後は随分と頭が冴えて、また作業に取り掛かれる。勿論それきり作業に戻れない時もある。凄く…

1059大戦の

某次世代頭、の女性化。何かと戦っているような強き女性がやたらと好きです。お淑やかなのもいいけれど。

すなおになること

素直になるのは難しいことだ。自分の気持ちを飾らずにいる面では同じにしても、我儘は簡単であるし、傍若無人なのも容易いことだが、素直になることはそれとは違う難しさがある。分からないことを分からないと言うには勇気がいるし、反省すべきことを反省す…

タイトルを決めてください

つくづく思うのだけど、思い立てば割とすぐ文章は書けるのに対し、何にもない時は本当に何にも書けない。書き慣れていない証拠だろうか。毎日何かしら綴っていれば、何もない時でも何かしら書けるようになるのだろうか。だけども、毎日何かしら綴るというの…

落書きの続き。

落書き

ここ最近でやたらとファンタジー系を描いたけれども、多分まだ描きます。ファンタジーな成分が足りない。足りない。

行かなくちゃ

体調が万全でなくても、やはり自分が携わったものがどうなっているのかは気になるので、足を運んでみることにした。こういう時ばかりは、決断力と行動力があるのになとつくづく思う。興味関心は、強い原動力だ。さらに緊急性や希少性を感じれば、尚更何とし…

怠い朝

えらく怠い朝に腹痛があると身体が動かないくせに痛いので、なんとかならないかと考えてみる。怠さがとれないのは、朝に用事がある場合において不都合だ。非常に不都合だ。遅刻のもとである。

鉛筆削りにも使い方はある

このまま何もかも投げ出して逃げだしたい。頑張る分だけ身は削れていく。成果よりも損失の方が大きい。チーム内での会話が楽しくないばかりか苦痛で仕方ないソロプレイヤー、そいつを直さなきゃ社会には出て行けないってさ。じゃあ今まで生きてきた世界は何?

とにかく、治って

脇腹が痛いというのに病院は空いていなくて、やらねばならぬことがあるのに激しい腹痛がやってきて、こんな散々な事態だというのに晴天で、世界はどうにも不都合だ。

あともう一人私がいるならば

分身したいと思うことは多々ある。おそらく誰でもある。忙しい時、誰かの手が必要だけれども声をかけるのが申し訳なく思ったり、声をかけることがむしろ面倒になりそうだと考えたり、そもそも人がいなかったりして、そうすると自分があと何人居れば終わるの…

生きることはしんどいこと。左右上下からやいのやいの言われ、真っ直ぐ歩けば壁に激突して骨折、蹲ると足を蜂に刺されたりして、順風満帆なんて夢のまた夢。

バンジョーとカズーイは再び大冒険をしたんだって

小学生の頃。私は学校から帰るなり、 N64を立ち上げて夜遅くまでゲーム、ゲーム、ゲーム…をしていた。 親に叱られてもゲーム。ちょっと小突かれてもゲーム。 テレビ画面に「休憩をとりましょう」と表記されてもゲーム。 まさにゲームの世界に生きる住民だっ…

厄介なきみ。

だいぶ昔からいる、厄介な悪戯好き。仰向けに寝ているとやってきて、パソコン作業時もやってきて、雨や風の強い日はもちろん、台風の前や低気圧の時は特にひどく暴れる彼女は一体何なんだろう。おかげさまで睡眠不足は治らないし、長時間座る作業は専用のク…

継続させること

組織内で長きにわたってデザインをしたり、装飾プランを立てていると、たまに人から褒められたりして非常に嬉しい。「凄いね!」と言われたら、どんなもんだ凄いだろう、と鼻が高くなる。そしてその言葉を機動力に、さらなる努力を続ける。より精度の高いも…

なみだの理由

がんばらなければ、なかないよ。 くやしくなければ、なかないよ。 かんがえなければ、なかないよ。 こだわらなければ、なかないよ。 おもいがなければ、なかないよ。 こころがなければ、なかないよ。

引きこもっていた世界から外へ

およそ10年前は覗いていただけの窓の外へ今は居るんだと思うと、 自分が頑張った証のようで嬉しい。 未だ心に余裕はないけれど、完治の見込みは当分先だけれど、しっかり地に足をつけて、這ってでも窓の外に出ていかなければ。 もう、コドモじゃいられないん…

青い春は爽やかとは限らない

心が穏やかではない時。 太陽を疎ましく思い、三日月を寂しく思う、 長くて苦しかった日々を思い出す。 青春と呼ばれる時代は必ずしも明るくはない。 青春と呼ばれる時代は暗いことだってある。 毎日悲しくてつらくて下を向いて歩いたことを、 やっと今にな…

はじめに

感性と感受性の赴くままに、日々見たり聞いたり考えたりした事を、絵やモノや文章にして記していきます。